足の慢性障害

足の慢性障害について!
足部の疾患と言うものは二足歩行を行なう人間にとって、とても重要な問題になります。もし、足部の捻挫等を完全に治癒しないまま放置し不完全な姿勢バランスで行動するとなると、ゆくゆく大きな健康問題を引き起こすことは眼に見えています。それほど、人間の健康問題に直結する可能性の高い足部疾患ですから、しっかり治療する必要があります。
足の慢性障害の症状と分類について、全体重のかかる足には、スポーツや歩行などで、いろいろな部位に痛みが生じます。陸上競技やサッカー、バスケットボールなどのランニングやジャンプ動作の多いスポーツにおいて、慢性障害が多く発生します。足の慢性障害には、種子骨障害、外脛骨障害、足底腱膜炎、踵骨々端症、踵骨滑液包炎などがあり、それぞれ特定の部位の痛みを訴えます。
原因と病態について、足は、足根骨と中足骨が靭帯で結ばれ、縦横のアーチを形成し、筋肉や腱がこれらを補強しています。 スポーツにより、衝撃が続くと、足の骨や軟骨、靭帯や腱に障害をきたし疼痛が発生します。足の使い過ぎ以外に、足の柔軟性低下や筋力不足、扁平足などの障害の発生しやすい足の形、不適切な靴、悪い路面での練習などが発症の背景になっています。
予防と治療について、スポーツでいったん障害が発症したら、練習量を減らすか、一定期間の休養が必要です。

足の慢性障害の治療方法としては、主に保存療法が行われます。足に負担のかかるスポーツが原因で障害が発生した場合は、まず練習量を減らしたり、一定期間休養をとります。また、これに加えてアイスマッサージを行ったり、低周波療法、温浴療法、足底装具の使用、ステロイドの局所注射、鎮痛消炎剤の使用などが行われます。発生要因を除去するため、足や下腿筋のストレッチ、スポーツ後のアイシング、足に合った靴を履く、足底装具の使用などで予防していくことが大切です。
キーワード:足の慢性障害 足の慢性障害の病状、治療方法
概要:足部の慢性障害と言うものは二足歩行を行なう人間にとって、とても重要な問題になります。足の慢性障害の治療方法としては、主に保存療法が行うほうがいいです。