足の慢性障害の詳細情報

足の使い過ぎ、足の柔軟性低下や筋力不足、扁平足などによって、足の慢性障害を起こします。足の部位によって、足の慢性障害の種類が違います。

種子骨障害
種子骨が炎症を起こすのが種子骨障害です。種子骨障害は小学生~中学生に多く発生し、大学生以上になると減少する傾向があります。歩いたり走ったり踏み込んだ時などに母趾球部に痛みがあります。その部分を指で押したり、足の親指を強制的に手で反らすと痛みが出ます。ランニング動作時に地面を蹴り出すとき、足底筋は緊張し、種子骨には引っ張られる力が加わります。この牽引力により、種子骨が炎症を起こし、痛みが出現します。

外脛骨障害
外脛骨障害は足の舟状骨の内側が突出し、炎症化することで痛みの症状を伴う障害です。外脛骨障害の主な症状はくるぶし周辺の痛みと腫れです。痛みの症状は荷重時やスニーカーを履いた際に強まる傾向があります。原則、安静にすることで痛みも治まるので治療の必要はないのですが、稀に症状が悪化し摘出する手術で外脛骨を摘出した例もあるります。

足底腱膜炎
スポーツによる足の裏の痛みの代表的な疾患に足底腱膜炎があります。痛みは慢性的な痛みで出てくることが多いのですが、なかには一回の外傷で足底腱膜が断裂することもあります。

踵骨々端症
バスケットボールやサッカーなどのスポーツを行っている小、中学生の男の子に多くみられる病気です。いつも運動時や運動後にかかとの痛みが起こります。

踵骨滑液包炎
踵骨滑液包炎は、滑液包の痛みを伴う炎症です。踵の底にあるクッションの役割をする軟部組織が繰り返す刺激によっては、炎症を起こしてしまいます。